恐怖箱 探冥 第三巻

そこは冥界と陸続きなのか――。 数々の心霊スポットを探訪し、そこから怪異の臭いを嗅ぎ取るルポルタージュ。 人気シリーズ第三弾。 Webページ「日本伝承大鑑」を著し、ブログ「日本伝承大鑑<weblog版>」を精力的に更新す […]

書誌情報

(編著)塩塚達摩

  • 装画:近藤宗臣
  • ページ数:34
  • 価格:無料
  • ファイル形式:PDF
  • 発行日:2010/12/23
  • 改訂日:2010/12/23

この電子書籍を読む

そこは冥界と陸続きなのか――。
数々の心霊スポットを探訪し、そこから怪異の臭いを嗅ぎ取るルポルタージュ。
人気シリーズ第三弾。

Webページ「日本伝承大鑑」を著し、ブログ「日本伝承大鑑<weblog版>」を精力的に更新する著者が、えり抜きの心霊スポットに自ら足を運び、その独特の空気感をお届けする。

【立ち読みサンプル】

5.天心白菊の塔(岐阜県加茂郡白川町)

名古屋市から高山市へ抜ける国道四一号線は、飛騨川に沿うように延び、その奇岩と渓流を常に目にやりながら進む。奇岩の景勝地飛水峡にさしかかる頃には、国道は既に渓谷を縫うように走る道へと変貌する。晴れた日に車を走らせれば心地よい風が吹き付け快適なドライブができる、風光明媚な土地であると誰もが思うような場所である。

そして白川町へ入って間もなく、「天心白菊の塔」という道路標識が突然現れる。山の斜面にへばりつく国道と川岸との間にある僅かなスペースに、違和感のある奇妙のモニュメントが置かれている。

【続きは本編で!】