単嫌話 酔

酒に飲まれた人々が体現した、誰も得しねえ酒失敗談集。 【立ち読みサンプル】 ヒール 高田公太 その昔、スナックでベロンベロンになった高田さんはあくまでギャグのつもりで、 「さあ、俺をヒールで踏め」と床に寝っ転がった。 す […]

書誌情報

(編著)高田公太 神沼三平太

  • 装画:漆原密花
  • ページ数:73
  • 価格:無料
  • ファイル形式:PDF
  • 発行日:2010/09/30
  • 改訂日:2010/10/01

この電子書籍を読む

酒に飲まれた人々が体現した、誰も得しねえ酒失敗談集。

【立ち読みサンプル】

ヒール 高田公太

その昔、スナックでベロンベロンになった高田さんはあくまでギャグのつもりで、

「さあ、俺をヒールで踏め」と床に寝っ転がった。

するとホステスが、

「遠慮無く!」とネタに乗り、彼を踏みつけた。

「…ぁぁあッ!」

高田さんは自分でも引くほどのガチ喘ぎが己から漏れた事に驚いた。周囲もドン引きだった。

【続きは本編で!】