履歴 ~リレーショナルキラー 第一幕

悪意ある殺人者にも、正当防衛の被害者にも、密室殺人の成功者にも、気の毒で不幸な人にも、かわいこちゃん(死語)にも、相手を死なせて生き残ってしまった者は必ず次のセッションで等しく被害者になる。   1)自分のキャ […]

書誌情報

(編著)加藤一

  • 装画:nekome
  • ページ数:92
  • 価格:無料
  • ファイル形式:PDF
  • 発行日:2011/09/22
  • 改訂日:2011/09/22

この電子書籍を読む

悪意ある殺人者にも、正当防衛の被害者にも、密室殺人の成功者にも、気の毒で不幸な人にも、かわいこちゃん(死語)にも、相手を死なせて生き残ってしまった者は必ず次のセッションで等しく被害者になる。

 

1)自分のキャラの人となり、直前のキャラとの関係性を書く。

2)直前のキャラを殺さねばならない強い動機を書く。

3)殺し方、殺す様子、犯行時の心理を書く。

 

死の前で人は平等である。

殺した者は必ず殺される。

百連続殺人の幕開け。


【立ち読みサンプル】

加賀雅之の場合 ねこや堂

 加奈子と雅之は連れ添って十年目の夫婦だ。

 大変に仲が良く、二人で一緒によく旅行にも出かけた。

 妻の加奈子は評判の美人で、共働きにも関わらず家事にも一切手を抜かない。雅之には出来過ぎた女だ。何故平凡な雅之と結婚したのか、周囲が不思議がるほどに。

 実は最初、雅之には他に婚約者がいた。

 転落事故で亡くなったのである。

 失意の雅之を慰め、癒したのが加奈子だった。

【続きは本編で!】