玉手箱 視線の先

ついつい追ってしまう視線の先、そんなパーツをお題にしたボーイズラブ。 さて貴方の視線の先は……? 【立ち読みサンプル】 盆の窪 首の付け根にできる影。短く揃えられた彼のその、首筋にばかり目が行って困った。すっと伸びたその […]

書誌情報

※この作品は成人女性向け小説です。
18歳未満の閲覧、ダウンロードはご遠慮下さい。

(編著)有川憂

  • 装画:漆原密花
  • ページ数:37
  • 価格:無料
  • ファイル形式:PDF
  • 発行日:2010/11/14
  • 改訂日:2010/11/14

この電子書籍を読む

ついつい追ってしまう視線の先、そんなパーツをお題にしたボーイズラブ。

さて貴方の視線の先は……?

【立ち読みサンプル】

盆の窪

首の付け根にできる影。短く揃えられた彼のその、首筋にばかり目が行って困った。すっと伸びたその影。

何というのか詳しく知りたくて、調べた。

調べて名前を知ったら、触れたくて仕方がなくて、知らないフリをして彼に尋ねた。

「堀野、ここ、何て言うか知ってる?」

彼は答えた。

「うん? 盆の窪だよ?」

【続きは本編で!】