笑怖箱 再怪

実話怪談の名手、雨宮淳司が語り直す古典怪談のキワミ。これを読まずに日本の怪談文化は語れない! ※9/19に失われていた表紙カバーが発見されました。9/19以降の版は表紙が新しくなります。 ※9/29に落丁していた竹の子教 […]

書誌情報

(編著)雨宮淳司

  • 装画:嘉弖苅悠介
  • ページ数:43
  • 価格:無料
  • ファイル形式:PDF
  • 発行日:2010/09/11
  • 改訂日:2010/09/29

この電子書籍を読む

実話怪談の名手、雨宮淳司が語り直す古典怪談のキワミ。これを読まずに日本の怪談文化は語れない!

※9/19に失われていた表紙カバーが発見されました。9/19以降の版は表紙が新しくなります。

※9/29に落丁していた竹の子教養文庫寄稿文が発見されました。9/29以降の版は寄稿文が収載されています。

【立ち読みサンプル】

耳なし芳一 (萌え絵で想像しよう)

「どこだ? どこにいる? 芳一~」

「えへ♪ ちゃんと耳にも般若心経書いてもらったもんね」 「……」

「これで安心」 「……芳一、お前知らんのか?」

「何を?」 「人間の消化管の内側というのは生物学的には『体外』なのだ」

「……えええ?」

(スプラッタ画像)

【続きは本編で!】