其は夜鳴き鶯

「捧げる花もなし姫」に感銘した黒実操が描き出す、ダークで残酷な大人の童話! 禍々しさと残虐性に彩られた美しさ……これが、THE・クロミミズム。 【立ち読みサンプル】 其は夜鳴き鶯。 歌うは夜鳴き鶯。 闇に響くは、二重唱。 […]

書誌情報

(編著)黒実操

  • 装画:芳賀沼さら
  • ページ数:70
  • 価格:無料
  • ファイル形式:PDF
  • 発行日:2011/04/14
  • 改訂日:2011/04/14

この電子書籍を読む

「捧げる花もなし姫」に感銘した黒実操が描き出す、ダークで残酷な大人の童話!

禍々しさと残虐性に彩られた美しさ……これが、THE・クロミミズム。

【立ち読みサンプル】

其は夜鳴き鶯。

歌うは夜鳴き鶯。

闇に響くは、二重唱。

時の彼方の、お話です。

遠い遠い森の国に、夜の虹のように美しいお姫様がいました。

お姫様は、そのお姿だけではなく、仕草もお声もお心根も大層美しく、たくさんの国の王子達から求婚されておりました。

しかしお姫様には、好き合った恋人がいたのです。

その秘密を知っているのは、恋人と窓辺にやってくる夜鳴き鶯だけ。

恋人は王宮の馬上騎士。王様が知ったなら、どんなにお怒りになるでしょう。

【続きは本編で!】